« 不可解なマザーズ上場「DDS」の新たな増資(明日振り込み日) | トップページ | やはり「INAX」事件の本質は、政治案件だった!! »

2010.04.22

<主張>本紙ネタ元などーー通常ではあり得ない、「INAX」などに対する信用失墜、名誉毀損容疑による逮捕事件の内実(下)

 今回、逮捕された今田順二氏らが取引先などに配布し、住宅設備機器「INAX」(本社・愛知県常滑市)などの信用失墜、名誉毀損をしたとされる複数の文書のなかに、現在の民主党政権で、国家公安委員長という、全国の自治体警察を管理する重責にある中井洽国家公安委員長(冒頭写真=『週刊新潮』4月8日号)に触れたものがある。 「金澤物流サービスと民主党伊賀市会議員坂井悟の関係」というタイトルがついており、こんな書き出しになっている。「金澤物流サービスが坂井悟議員を応援する見返りに、金澤の違法建築を、中井ひろしと共に、伊賀市、三重県に行政指導をしないように圧力をかけ、伊賀市の市街化調整区域の線引きを変え、合法化するように動いている……」この文書はA4で4枚。事実なら、選挙違反に関する記述もある。「金沢物流サービス」という会社は、今回の事件の舞台である、INAXの上野緑工場(三重県伊賀市)に工場労働者を派遣したり、同工場の製品や部品を保管する倉庫を提供している地元企業。そして、ここに出てくる坂井市会議員の後援会長を務めている。伊賀市は人口約10万人。約30名の同市議会議員のなかで民主党所属はこの坂井氏だけ。そして中井国家公安委員長はいうまでもなく民主党代議士で、また伊賀市は自分の地元であり選挙区。さて、問題の文書が触れている「金澤の違法建築」とは、同社本社敷地内に建つ複数の倉庫の一部を指す。指摘通り、都市計画法、建築基準法に違反したまま放置されていた事実が昨年発覚し、昨年9月を持って、INAXは金澤物流との倉庫に関する契約を解除している。そして、この事実が発覚し、大手マスコミでも報道(上写真=「朝日」09年10月31日記事)されたのは今田氏らが告発に動いたことが契機になっていた。同記事のなかにこんな記述がある。「今年(09年)5月末、倉庫を違法建築と指摘する文書がINAX側に届いた後、契約内容を実態に合わせるとして……」このように、今田氏らが告発した内容は、決してデタラメなものでないどころか、是正に繋がってさえいる。ところが……。
  2010年4月22日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 不可解なマザーズ上場「DDS」の新たな増資(明日振り込み日) | トップページ | やはり「INAX」事件の本質は、政治案件だった!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48153350

この記事へのトラックバック一覧です: <主張>本紙ネタ元などーー通常ではあり得ない、「INAX」などに対する信用失墜、名誉毀損容疑による逮捕事件の内実(下):

« 不可解なマザーズ上場「DDS」の新たな増資(明日振り込み日) | トップページ | やはり「INAX」事件の本質は、政治案件だった!! »