« <主張>本紙ネタ元などーー通常ではあり得ない、「INAX」などに対する信用失墜、名誉毀損容疑による逮捕事件の内実(下) | トップページ | マザーズ上場「DDS」筆頭株主の触れられたくない過去と人脈 »

2010.04.23

やはり「INAX」事件の本質は、政治案件だった!!

  本紙は3回の連載において、三重県警が今田順二氏ら計4名を逮捕した今回事件、住宅設備機器大手「INAX」(本社・愛知県常滑市)に関するものだが、その背後に中井洽国家公安委員長の影が見え隠れする事実を報じた。そして、それが決定的とも思われる事実が判明した。関係者から、今田氏が名誉毀損容疑で起訴された案件の“被害者”の名前が判明したからだ。連載3回目において、その“被害者”とは、INAXの地元工場(上野緑工場=三重県伊賀市)と取引関係にある「金澤物流サービス」なる会社の関係者と報じたが、具体的には、部長のT氏であることが関係者の証言などから判明したからだ。このT氏の名前、連載3回目に紹介した文書「金澤物流サービスと民主党伊賀市会議員坂井悟の関係」(A4で4枚)に何度も登場し、その内容はINAXと金澤物流との内容というより、金澤物流の社長は中井氏の“子分”である坂井市会議員の後援会長をしているが、選挙時、複数の社員を選挙事務所に派遣しており、そのトップがT氏であるなどと記した選挙違反疑惑に関する内容だったからだ。その核心部分を同文書から拾ってみよう。
  2010年4月23日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <主張>本紙ネタ元などーー通常ではあり得ない、「INAX」などに対する信用失墜、名誉毀損容疑による逮捕事件の内実(下) | トップページ | マザーズ上場「DDS」筆頭株主の触れられたくない過去と人脈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48157461

この記事へのトラックバック一覧です: やはり「INAX」事件の本質は、政治案件だった!!:

« <主張>本紙ネタ元などーー通常ではあり得ない、「INAX」などに対する信用失墜、名誉毀損容疑による逮捕事件の内実(下) | トップページ | マザーズ上場「DDS」筆頭株主の触れられたくない過去と人脈 »