« TBS「NEWS23X」が報じた特許庁情報漏洩先企業と、その先の闇(続報) | トップページ | <記事紹介>『フラッシュ』が取り上げた、警視庁新任捜査一課長の某上場企業ビール券受領疑惑 »

2010.04.04

<実例>経営破たん後も“資産隠し”に精を出していた「SFCG」大島健伸元会長

 すっかり報道されなくなった、経営破たんした大手商工ローン「SFCG」大島健伸元会長の数々の疑惑だが、むろん、司直の手を逃れたわけではない。担当検事の春先の異動で延びてはいるが、大島氏のXデーが来ないなんてことはあり得ない。それに、大島氏の疑惑は過去の話ではない。現在もその1つ、“資産隠し”のお蔭で、たくさんの借り手は眠れない不安の日々を送っている。大阪府内で工務店を営むA氏(30代)もその一人。「SFCGからおカネを借りた覚えもなければ、一度として返済が遅れたこともありません。それなのに、仕事場と兼用の自宅に競売をかけれら(昨年10月、競売開始決定)、現在、異議申立を行って争っていますが、ヘタをすれば追い出されかねない状況です。ここを出されたら、まだ小さい子どもを抱え、私たち一家3人はどこで暮らせというのですか。こんな理不尽なことが許されていいのでしょうか」。A氏はその思いを、本紙に訴えてくれた。A氏が自宅を抵当に2800万円借りたのは2006年7年のことだった。借り先は「総合マネージメントサービス」なるSFCGとはまったく関係ない会社。いったい、どういうことなのか?
 2010年4月4日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« TBS「NEWS23X」が報じた特許庁情報漏洩先企業と、その先の闇(続報) | トップページ | <記事紹介>『フラッシュ』が取り上げた、警視庁新任捜査一課長の某上場企業ビール券受領疑惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/47998613

この記事へのトラックバック一覧です: <実例>経営破たん後も“資産隠し”に精を出していた「SFCG」大島健伸元会長:

« TBS「NEWS23X」が報じた特許庁情報漏洩先企業と、その先の闇(続報) | トップページ | <記事紹介>『フラッシュ』が取り上げた、警視庁新任捜査一課長の某上場企業ビール券受領疑惑 »