« <連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第4回 医療再生ファンドで、投資家が桝澤徹元社長らを告訴した内容」 | トップページ | 会社事務所から現金強奪(7万円)事件に、なぜ警視庁本庁組対2課登場!? »

2010.04.12

金融庁も“厳重注意”を約束ーー「西武信用金庫」の強引“貸し剥がし”事例

 貸す時はニコニコ顔だが、何か事あれば、手の平を返した態度に出るのが銀行だ。この不況を反映し、そんな“貸し剥がし”事例には事欠かないだろうが、返済が1度として遅れていないにも拘わらず、世間の常識からすれば信じがたい事例が「西武信用金庫」(本店・東京都中野区。約60店舗)の花小金井支店で起きていたことが、借り手当人からの告発で明らかになった。しかも、その当人によれば、訴え出たところ、金融庁の担当者は、「電話で厳重に注意しておきます」と約束したというのだーー。地元に多くの不動産を所有するA氏は、西武新宿線「花小金井駅」前に所有する6階建ビルを担保に、西武信金から1億6000万円借りていた。返済が遅れたことはなかった。昨年末、そのビルを買いたいという者が現れ、今年1月8日に売買が成立した。その際、西武信金の(根)抵当権を外すことが購入側の条件で、A氏は売却益のなかから残金の約9000万円を支払い、抵当権は抹消された。ところで、A氏は花小金井支店からこのビル担保の1億6000万円に加え、その後、2000万円の信用保証協会の保証付き無担保融資も受けていた。「こちらの残高はまだ1800万円あったところ、西武信金は、約9000万円の担保融資分を返済してもなお1800万円以上の売却代金の残りがあったことを幸いに、私に無断でその1800万円も回収してしまったんです」(A氏)。俄かには信じ難い話だが、こういう手口だという。
 2010年4月12日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



|

« <連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第4回 医療再生ファンドで、投資家が桝澤徹元社長らを告訴した内容」 | トップページ | 会社事務所から現金強奪(7万円)事件に、なぜ警視庁本庁組対2課登場!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48068213

この記事へのトラックバック一覧です: 金融庁も“厳重注意”を約束ーー「西武信用金庫」の強引“貸し剥がし”事例:

« <連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第4回 医療再生ファンドで、投資家が桝澤徹元社長らを告訴した内容」 | トップページ | 会社事務所から現金強奪(7万円)事件に、なぜ警視庁本庁組対2課登場!? »