« <ミニ情報>大島健伸「SFCG」元会長の最後の“資金源”!?に赤信号 | トップページ | <連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第5回 医療再生ファンドの社員出資持分巡る重大疑惑」 »

2010.04.24

「無罪証言」が続出するDM不正事件で、大阪地検特捜部はなぜ凸版、大日本を“目こぼし”したのか?(続報)

  ベスト電器発注の不正DM事件、大手マスコミ既報では、「博報堂エルグ」→「ウイルコ」→「新生企業」(現・伸正)の流れで発注したとされるが、同社自身認めるように、実際は「博報堂エルグ」と「ウイルコ」の間に東証1部「凸版印刷」、また同「大日本印刷」もいた。だが、このわが国を代表する両印刷会社の存在は、大阪地検特捜部の捜査では“省かれ”、したがって逮捕者が出ることも、郵便事業会社(日本郵便)から巨額の郵便料金支払い訴訟を提起されてもいない。なぜ、こんな“目こぼし”がされたのか?そこで、日本郵便とひじょうに親しい関係にあるのではと思い、追加で凸版印刷に質問状を送ってみた(なお、一方の大日本印刷は、ウイルコへの発注の有無の質問からして取材拒否だった。だが、不正DMの仕事を出していたことは間違いない)。以下の5項目について。
(1)御社には何名の日本郵政(JP)OBが在籍されておられますか。(2)御社に占めるJP関連の売上額、比率はいかほどですか。(3)今回事件の低料第3種の関与を公表されないのはなぜでしょうか。JPとの取引取り消しになる可能性を懸念されて、あるいは逆にJPから公表しないように要請されてのことでしょうか。(4)ベスト電器の件以外で、御社が直接にしろ、間接にしろ、低料金第3種の郵便不正に関わったことはありませんか。キューサイ(青汁)の広告紙面制作には関わられていませんか。(5)低料第3種以外に、郵便法または郵便約款に反したことはないでしょうか。では、これに対する凸版の言い分は!?(口頭の回等を要約)
2010年4月24日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <ミニ情報>大島健伸「SFCG」元会長の最後の“資金源”!?に赤信号 | トップページ | <連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第5回 医療再生ファンドの社員出資持分巡る重大疑惑」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48172526

この記事へのトラックバック一覧です: 「無罪証言」が続出するDM不正事件で、大阪地検特捜部はなぜ凸版、大日本を“目こぼし”したのか?(続報):

« <ミニ情報>大島健伸「SFCG」元会長の最後の“資金源”!?に赤信号 | トップページ | <連載>「ジェイ・ブリッジの闇」(第5回 医療再生ファンドの社員出資持分巡る重大疑惑」 »