« 総務省が隠蔽したある係長の自殺(2)ーー旧自治省系ノンキャリ人事の実態 | トップページ | <主張>本紙ネタ元などーー通常ではあり得ない、「INAX」などに対する信用失墜、名誉毀損容疑による逮捕事件の内実(下) »

2010.04.22

不可解なマザーズ上場「DDS」の新たな増資(明日振り込み日)

 マザーズ上場の指紋認証ソリュージョン「ディー・ディー・エス」(DDS。三吉野健滋社長。本社・名古屋市)はこの4月6日、新たな第3者割当増資を発表。予定通りいけば、明日4月22日には約7800万円が割当先から払い込まれるはずだ。だが、この資金調達、実に不可解なものといわざるを得ない。というのは、DDSはこの資金は、田中成奉、木本俊行両氏への借金返済に充てるとしている。ところがである。現在もDDSの筆頭株主は柏原武利氏(10・97%)ということであるようだが、この人物、長期保有するといって引き受けながら、実際は資金難のようで、DDS株を担保に入れるなどし、あちこちで借金し、水面下で金銭トラブルが多発している模様であることは本紙既報の通り。そして、その借り入れ先のなかにも、やはり先の田中・木本両氏の名前が出ているのだ。それだけでも不可解だが、本紙が調査したところ……。
2010年4月21日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 総務省が隠蔽したある係長の自殺(2)ーー旧自治省系ノンキャリ人事の実態 | トップページ | <主張>本紙ネタ元などーー通常ではあり得ない、「INAX」などに対する信用失墜、名誉毀損容疑による逮捕事件の内実(下) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48149316

この記事へのトラックバック一覧です: 不可解なマザーズ上場「DDS」の新たな増資(明日振り込み日):

« 総務省が隠蔽したある係長の自殺(2)ーー旧自治省系ノンキャリ人事の実態 | トップページ | <主張>本紙ネタ元などーー通常ではあり得ない、「INAX」などに対する信用失墜、名誉毀損容疑による逮捕事件の内実(下) »