« 足立市産廃不法投棄事件の被害者が、地域住民の健康被害の懸念を訴え、出したチラシの驚愕内容 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(264)あの「DDS」の株を巡って、水面下でトラブル多発の様相 »

2010.04.08

やっと動き出したが--前途多難「松阪屋」を象徴するような「横浜松坂屋」跡地利用

 来年、創業400年を迎える老舗百貨店「松阪屋」(本社・愛知県名古屋市)だが、その前途は明るくない。百貨店の存在価値自体が問われるなか、生き残りをかけ07年、「大丸」と統合して持ち株会社「J.フロントリテイリング」として再上場(東証1部。本社・東京都中央区)。その下に松坂屋と大丸はブラ下がっていたが、今年3月、両者は合併し、「大丸松坂屋百貨店」になった。この新会社の本社は東京に置かれ、松阪屋の地元・名古屋から離れた。「百貨店は地域密着が基本。本社を東京に移転して大丈夫なのか!?」--こんな声も出ているほどだ。その苦しい現状を象徴するような存在が、神奈川県横浜市のJR「関内駅」近くに出店していた「横浜松阪屋」。経営不振で08年10月に閉店したが、未だ店ざらしの状態で、地元の商店街からは「観光、デート・スポットなのに、景観上良くない」なんて迷惑顔される有様なのだ。もっとも、J.フロントリテイリングに問い合わせると、ようやく再開発に動き出そうとはしているようだ。
 2010年4月8日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 足立市産廃不法投棄事件の被害者が、地域住民の健康被害の懸念を訴え、出したチラシの驚愕内容 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(264)あの「DDS」の株を巡って、水面下でトラブル多発の様相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48031969

この記事へのトラックバック一覧です: やっと動き出したが--前途多難「松阪屋」を象徴するような「横浜松坂屋」跡地利用:

« 足立市産廃不法投棄事件の被害者が、地域住民の健康被害の懸念を訴え、出したチラシの驚愕内容 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(264)あの「DDS」の株を巡って、水面下でトラブル多発の様相 »