« 足立市産廃不法投棄事件、チラシ配布の反響(+関連訴訟報告) | トップページ | 「味の素」の工場内食堂で原因不明の集団感染。現在も営業を自主停止 »

2010.04.16

懲役22年ーーあの「スパイダーマン」が勤めていた上場企業に、労基署が「是正勧告」

 本紙は昨年8月、性的暴行など10件余りを繰り返し、水戸地裁土浦支部で懲役22年の判決を受けた高木雄一被告(41)を取り上げている。本紙がこの事件に注目したのは、この犯人、大手マスコミの逮捕時の報道では不動産会社社員となっていたが、犯行期間は約1年半の長期に及び、その期間の大半は某ジャスダック上場企業の店長だったと聞いたからだ。また、今回の犯行の重大さを思えば、言い訳になるとは到底思えないが、この企業、上場しているにも拘らず、「長時間サービス残業」を長年行っていることに加え、「犯罪強要」まであり、高木被告はその過度のストレス解消のために始めた覗き見がエスカレートしたのでは、と社員の一部から同情論さえ出ていた。高木被告が「スパイダーマン」と呼ばれたのは、女性の部屋に進入時、外壁の雨どいなどを器用に伝い、女性の部屋に進入しており、映画『スパイダーマン』を彷彿させたから。このジャスダック上場企業が、最寄りの労基署から「是正勧告」を受けたとの情報が入って来たので、以下、お伝えしておく。
2010年4月16日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 足立市産廃不法投棄事件、チラシ配布の反響(+関連訴訟報告) | トップページ | 「味の素」の工場内食堂で原因不明の集団感染。現在も営業を自主停止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/48096805

この記事へのトラックバック一覧です: 懲役22年ーーあの「スパイダーマン」が勤めていた上場企業に、労基署が「是正勧告」:

« 足立市産廃不法投棄事件、チラシ配布の反響(+関連訴訟報告) | トップページ | 「味の素」の工場内食堂で原因不明の集団感染。現在も営業を自主停止 »