« 「トランスデジタル」西村元役員逮捕で浮かび上がる、黒木容疑者支配下上場企業“悪の連鎖” | トップページ | 法務省矯正局幹部辞職の背景 »

2010.03.13

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(261)仕手筋、戦々恐々ーー証券取引等監視委員会が立ち入り検査に入ったあの証券会社

 証券会社は数あれど仕手筋、さらには悪徳ブローカー、事件屋などにとっても使い勝手がよい証券会社は、証券会社側にも高いリスクがあるだけに、そうそうあるものではない。かつては仕手筋といえば=「エイケイ証券」とダイレクトに名前が出て来るところもあったが、同社は昨年3月から自主休業してしまった。そんななか、ある注目の証券会社に、証券等取引等監視委員会(佐渡賢一委員長)が立ち入り検査に入っており、身に覚えのある投資家、臑に傷を持つ株式ブローカーなどを戦々恐々とさせている。
2010年3月13日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「トランスデジタル」西村元役員逮捕で浮かび上がる、黒木容疑者支配下上場企業“悪の連鎖” | トップページ | 法務省矯正局幹部辞職の背景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/47796061

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(261)仕手筋、戦々恐々ーー証券取引等監視委員会が立ち入り検査に入ったあの証券会社:

« 「トランスデジタル」西村元役員逮捕で浮かび上がる、黒木容疑者支配下上場企業“悪の連鎖” | トップページ | 法務省矯正局幹部辞職の背景 »