« 法務省矯正局幹部辞職の背景 | トップページ | <記事紹介>「夜明けのスキャット」(旧五菱会系ヤミ金事件関連で弟を殺された空手家の追跡記録) »

2010.03.14

早くも6月株主総会に向け、“事前拘束”で名前が囁かれる大物2名

 6月最終木曜日(今年は24日)の一斉株主総会まではまだ3カ月以上の猶予があるが、早くも2名の大物現・元総会屋の名前が捜査対象として当局関係者の間で囁かれている。1名は、本紙で以前、報じたことがあるT氏。上場廃止になったが、その直前の株主総会が荒れなかった見返りに仲介者に金銭が渡ったとされる。もっとも、少額だったために仲介者が返却する結果になった。既遂でなくても、利益供与要求罪で持っていけるものの見送られた。ところが、総会シーズンを前に、再びその容疑が検討されているという。
2010年3月14日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 法務省矯正局幹部辞職の背景 | トップページ | <記事紹介>「夜明けのスキャット」(旧五菱会系ヤミ金事件関連で弟を殺された空手家の追跡記録) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/47812672

この記事へのトラックバック一覧です: 早くも6月株主総会に向け、“事前拘束”で名前が囁かれる大物2名:

« 法務省矯正局幹部辞職の背景 | トップページ | <記事紹介>「夜明けのスキャット」(旧五菱会系ヤミ金事件関連で弟を殺された空手家の追跡記録) »