« 長田雄次「シグマ・ゲイン」代取会長と川上八巳氏が勧めたマカオ投資案件 | トップページ | 「トランスデジタル」巡り、今度は架空増資で社長ら4名再逮捕 »

2010.03.09

<心声天語>(173)「夕焼け小焼けの赤とんぼ」

高校で音楽を教えている知り合いの先生が、「生徒が『先生の好きな歌は何ですか』と聞いたので『赤とんぼ』と答えたところ、“そんな古い歌は知りません”と言い、びっくりしました」と言っていた。日本を代表する童謡を知らないとは…日本の教育もいよいよ、末期的状況に来ているようだ◆「赤とんぼ」は筆者も大好きだ。とくに好きな歌詞は、「♪十五で姐(ねえ)やは、嫁に行き お里のたよりも、絶えはてた」という部分だ。昔の日本では、「女中」と呼ばれていた女性たちがいた。殆んど小学校や中学校を卒業したばかりの彼女たちは、雇われた家で子守りや家事をしていたが、彼女たちのことを「姐」と呼んでいた◆「赤とんぼ」の一番目の歌詞「♪おわれて見たのは いつの日か」というのは「追われる」ということではなく、姐に“背負われて”という意味である。作詞家の三木露風さんが「姐」に背負われていた頃の「懐かしい思い出」であろう。それにしても、十五才で嫁ぐということは、十才~十二才頃から働き出たことになる。可哀想に…◆日本にも貧しい時代があった。そんな時代、貧しい家庭の少女たちは、姐として他人の家で一生懸命に働いたものだ。幼い時から生きていく苦労を背負って育った少女たち…今のように「生活保護」も「給付金」もなかった時代である◆日本も豊かになった。国から「子ども手当」や「子育て支援金」まで出る。あの、赤とんぼに出てくる少女たちが嘘のようだ。しかし、社会が豊かになっていく反面、日本人の心は貧しくなっている。高校の授業料を無料にするより、「赤とんぼ」に込められた日本人の心を教える方がもっと、大切な気がしてならない。(和光)
2010年3月8日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 長田雄次「シグマ・ゲイン」代取会長と川上八巳氏が勧めたマカオ投資案件 | トップページ | 「トランスデジタル」巡り、今度は架空増資で社長ら4名再逮捕 »

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/47762942

この記事へのトラックバック一覧です: <心声天語>(173)「夕焼け小焼けの赤とんぼ」:

« 長田雄次「シグマ・ゲイン」代取会長と川上八巳氏が勧めたマカオ投資案件 | トップページ | 「トランスデジタル」巡り、今度は架空増資で社長ら4名再逮捕 »