« 「トランスデジタル」事件、再逮捕時の新顔は? | トップページ | 長田雄次「シグマ・ゲイン」代取会長と川上八巳氏が勧めたマカオ投資案件 »

2010.03.07

元暴力団組長まで有力スポンサーにしていた森喜朗元首相

 押尾事件で森喜朗(元首相)・森祐喜(石川県議)親子の関与が噂されるなか、過去の疑惑などが再び注目されている。本紙ではすでに、森親子の地元である石川県小松市に本社を置くパチンコホール会社「東洋コンツェルン」との関係を、政治献金や、祐喜氏がかつて子会社社専務に就いていた事実などを元に報じている。(「DMM」の件も)同じく、地元の事情通の間では“常識”とのことだが、パチンコ景品交換所と不動産業を営んでいた人物(故人)との関係を、森元首相親族が関係会社役員に就いていた事実などを持って以下に指摘する。しかも、この人物(故人)は過去、暴力団組長を務めていたのだ。もっとも、森元首相のこうした有力スポンサーも近年では勢力を大きく落としている。例えば、前回報じた東洋コンツェルンにしても、「スタッフ東京」が傘下から抜けただけでなく、東洋コンツェルン東京本部が入る東京・赤坂の自社ビルは債務(かつて約13億円の根抵当権が付いていた)や税金滞納から競売され、06年5月、オリックス信託銀行に所有権が移転している。森氏が首相を務めたのは約10年前。現在72歳で、祐喜氏がボンクラで後継者に値しないとあっては無理ないのかも知れない。前回衆議院選挙では、自民党下野の影響も加わり、森元首相は民主党新人候補にかろうじて勝ったのはご存じの通り。こうしたなか、押尾事件が起きたのは何かの因縁かも知れない。
 2010年3月7日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「トランスデジタル」事件、再逮捕時の新顔は? | トップページ | 長田雄次「シグマ・ゲイン」代取会長と川上八巳氏が勧めたマカオ投資案件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/47751597

この記事へのトラックバック一覧です: 元暴力団組長まで有力スポンサーにしていた森喜朗元首相:

» 経団連が政治献金への関与停止を決定 [イサオのエンタメフューチャーALC]
金と政治に纏わるニュースが連日報道されて、 国民の嫌気のボルテージがピークを迎えようとしている。 そんな時期にタイムリーというか、 日本経団連が政治献金の関与停止を決定しました。 ただ平成20年度の献金内訳は、 民主党向けが約1億円で、自民党向け... [続きを読む]

受信: 2010.03.08 18:55

« 「トランスデジタル」事件、再逮捕時の新顔は? | トップページ | 長田雄次「シグマ・ゲイン」代取会長と川上八巳氏が勧めたマカオ投資案件 »