« ネットカフェ規制条例、見えてきたその危険性――新宿では「警察ふざけるな」と条例に反対するデモ | トップページ | 警視庁捜査一課長、不倫で更迭 »

2010.03.16

拠点ビルが競売で人手に渡っていた「中川三郎ダンス学院」

「中川三郎ダンス学院」(東京都大田区)といえば、「社交ダンスの父」とまで呼ばれる、わが国におけるモダンダンスの創始者=故・中川三郎氏(03年没)が始めたダンス教室。
三郎氏は戦前、日本人で始めて米NYのブロードウェイに出演。成功を修めたのだから、業界における信頼・人気は絶大だった。その三郎氏が社交ダンスの大衆化を図るためダンス教室を始め、1962年に設立された(株)「中川三郎スタジオ」がその運営を行って来た。設立4年後には、新築されると同時にご覧のビルの10階部分を購入。ここを拠点に、同ビル地下(賃貸)で教室を開いてきた。当然ながら、中川三郎スタジオの初代代表に就いたのは三郎氏ご本人。氏の死去後は、後を継いでいた三郎氏の長男、三女が代表を務めていた。ところが、異変が起きていた。
2010年3月16日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« ネットカフェ規制条例、見えてきたその危険性――新宿では「警察ふざけるな」と条例に反対するデモ | トップページ | 警視庁捜査一課長、不倫で更迭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/47828087

この記事へのトラックバック一覧です: 拠点ビルが競売で人手に渡っていた「中川三郎ダンス学院」:

« ネットカフェ規制条例、見えてきたその危険性――新宿では「警察ふざけるな」と条例に反対するデモ | トップページ | 警視庁捜査一課長、不倫で更迭 »