« <記事紹介>「押尾学のウソが暴かれたクスリ譲渡人初公判」(『週刊新潮』3月4日号) | トップページ | あの派遣村“暴言”市議の辞職理由に疑問の声 »

2010.02.27

<お知らせ>「被災地からの報告ーーハイチ地震、なぜ被害は拡大したのか?」

 2010年1月13日(現地時間12日)、ハイチでマグニチュード7・0の地震が発生した。大地震は首都を直撃。人口300万のポルトープランスは一瞬にして、壊滅状態に陥った。政府発表によると死者は23万人以上、被災者は100万人以上にも達する。
 人は地震の発生を止めることはできない。しかし、何故これほどまでに被害が拡大したのだろうか。地震から2ヶ月後、被害の検証と今後のハイチの復興、再建について語る。
日時 2010年3月13日(土)
時間 13:30開演 14:00~16:00
会場 明治大学リバティータワー地下1001教室
資料代 1,000円
共催  日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)/現代史研究会
お問合せ JVJA事務局: 090-6101-6113  office@jvja.net
2010年2月27日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ




|

« <記事紹介>「押尾学のウソが暴かれたクスリ譲渡人初公判」(『週刊新潮』3月4日号) | トップページ | あの派遣村“暴言”市議の辞職理由に疑問の声 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/47681001

この記事へのトラックバック一覧です: <お知らせ>「被災地からの報告ーーハイチ地震、なぜ被害は拡大したのか?」:

« <記事紹介>「押尾学のウソが暴かれたクスリ譲渡人初公判」(『週刊新潮』3月4日号) | トップページ | あの派遣村“暴言”市議の辞職理由に疑問の声 »