« SFCG「大島健伸」会長、いよいよ週明けにもXデーか? | トップページ | <記事紹介>「押尾学のウソが暴かれたクスリ譲渡人初公判」(『週刊新潮』3月4日号) »

2010.02.27

急増する「余命保険金」詐欺の手口

「余命保険」をご存じだろうか。保険金は一般には被保険者が死亡した後に支払われるわけだが、末期がんなどで「余命6カ月」以内と診断されれば、死亡時保険金の一部または全部が支払われる保険をいう。「リビング・ニーズ特約」というのもその一種。この保険が、外資系生保にとってわが国に上陸した際には「死の商人」との批判が相当出たが、07年には住友生命が「余命半年」に拘らず、「がんで治療の見込みなし」の診断でも3000万円を上限に死亡保険金を前払いする保険を出すなど、いまやこの手の保険は特殊なものではなくなっている。そして、それほど普及するば、当然ながら、この保険を悪用した保険金詐欺も横行するようになる。ある生命保険会社幹部によれば、驚くなかれ、この「余命保険」支払い申請の実に……
2010年2月27日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« SFCG「大島健伸」会長、いよいよ週明けにもXデーか? | トップページ | <記事紹介>「押尾学のウソが暴かれたクスリ譲渡人初公判」(『週刊新潮』3月4日号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/47677426

この記事へのトラックバック一覧です: 急増する「余命保険金」詐欺の手口:

« SFCG「大島健伸」会長、いよいよ週明けにもXデーか? | トップページ | <記事紹介>「押尾学のウソが暴かれたクスリ譲渡人初公判」(『週刊新潮』3月4日号) »