« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(254)「トランスデジタル」、Xデー延期に関する仰天情報 | トップページ | 『週刊文春』が曖昧にした朝青龍の誕生パーティーの黒い人脈 »

2010.02.05

朝青龍の電撃引退原因になった被害者人脈に新興上場企業資産収奪、薬物事件

 横綱・朝青龍(29)が、初場所中に起こした酒に酔った末の暴力事件が命取りになり、2月4日、突如、引退したのはご存じの通り。この引退につき、いろんな憶測も飛び交っているが、そのなかには暴力を振るった相手が悪過ぎたとの説もある。本紙ではこの被害者、朝青龍が事件直前まで飲んでいた東京・六本木7丁目の外人クラブ「F」の責任者K・T氏(38)といち早く報じた。大手マスコミはあくまで被害者という姿勢で、このK・T氏の素性について触れないが、このK・T氏、暴力団や薬売人との交流も噂され、先の酒井法子の薬物事件との関与も囁かれたほど。そして、朝青龍は彼と知人だったのだから、暴力事件に加え、こうした人脈が表面化したことも、横綱の品位を汚すことになったのは事実だろう(脱税事件で実質、海外逃亡していた塩田大介氏も事件の晩、同行していた)。このK・T氏、かつて渋谷で「A」という店に関わっていた(経営者は別人)が、その店の譲渡先相手として登場するのがN氏なる人物。このN氏、のりピー・押尾学事件の人脈チャート図にも、今回被害者のK・T氏、元総会屋のK氏とひじょうに近い関係者としてやはり登場している。本紙はそのN氏が、ある上場企業の資産収奪に関与していた事実などを掴んでいる。
 2010年2月4日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(254)「トランスデジタル」、Xデー延期に関する仰天情報 | トップページ | 『週刊文春』が曖昧にした朝青龍の誕生パーティーの黒い人脈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/47481005

この記事へのトラックバック一覧です: 朝青龍の電撃引退原因になった被害者人脈に新興上場企業資産収奪、薬物事件:

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(254)「トランスデジタル」、Xデー延期に関する仰天情報 | トップページ | 『週刊文春』が曖昧にした朝青龍の誕生パーティーの黒い人脈 »