« <主張>小沢民主幹事長の資金管理団体巡る疑惑ーー検察・大手マスコミ一体になった世論操作に騙されるな!(Ⅰ) | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(253)DM不正で「ベルーナ」が提訴された内容 »

2010.02.02

長田雄次「シグマ・ゲイン」代取会長の“華麗なる人脈”を物語る核会社を発見

 本紙では最近、2度に渡り、昨年4月まで大証2部に上場していた不動産、証券事業の「シグマ・ゲイン」の代表取締役会長で、日興証券出身の長田雄次氏を取り上げている。上場していたものの、事件化し、同じくマザーズを上場廃止になったIT系企業「アイ・シー・エフ」(現オーベン)を始めとする怪しげな人脈とつきあいがあり、近く株主代表訴訟を起こされる動きがあることをキャッチしたからだ。もっとも、この2回の記事で指摘できたのはマカオ投資で協力関係にあるなど、あくまで“接点”といった方がいい内容で、もっとダイレクトな関係ではなかった。こうしたなか、本紙は冒頭に掲げたような2枚の「名刺」を関係者から入手した。上野智司氏は、長田氏の日興証券時代の部下で、現「オーベン」社長。ここで注目していただきたいのは、現在はどちらも移転している(移転先住所は同じではない)が、当時の住所は同じで、しかも昨年、FX業界に進出したアダルトサイト最大手「DMM」などを運営する「デジタルメディアマート」と同住所(同じフロア)という事実だ。そして、これを手がかりに調べてみると、この人脈のほどんとがある時期、一堂に会していた事実=ダイレクトな関係が判明したので、以下、報告する。
2010年2月2日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <主張>小沢民主幹事長の資金管理団体巡る疑惑ーー検察・大手マスコミ一体になった世論操作に騙されるな!(Ⅰ) | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(253)DM不正で「ベルーナ」が提訴された内容 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/47455924

この記事へのトラックバック一覧です: 長田雄次「シグマ・ゲイン」代取会長の“華麗なる人脈”を物語る核会社を発見:

« <主張>小沢民主幹事長の資金管理団体巡る疑惑ーー検察・大手マスコミ一体になった世論操作に騙されるな!(Ⅰ) | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(253)DM不正で「ベルーナ」が提訴された内容 »