« SFCG元系列家賃保証会社が契約不履行で、「レオパレス21」から業務提携解消される | トップページ | 韓国曲配信で「第一興商」に賠償命令。他の民事訴訟、刑事告訴にも影響か »

2010.02.11

あの新宿歌舞伎町44名死亡火災ビル跡地利用「射的屋」オーナーの正体(続報)

 ビル火災で44名が亡くなってからすでに8年余経つが、未だ「縁起が悪い」などということで跡地利用が進まない東京・新宿歌舞伎町「明星56ビル」跡地ーーそこに昨年11月、現われ、「射的屋」を始めた会社オーナーの正体を前回、本紙はスッパ抜いたが、さらに決定的な証拠を入手したので追加報道しておく。この射的屋を経営する「クールジャパン」、表に出ているのは執行役員などの若手ばかりだが、昨年1月に設立され、社員募集した際、有力なヒントを残していた。登記上の住所は設立時から新宿区内だが、社員募集時の本社住所は港区赤坂8丁目とされ、しかも設立間もないのに「クールジャパンビル」と謳い、“自社ビル”と宣伝していたのだ。ところが、先日、そのビルを覗いてみると、ご覧のように、ビルはもぬけの殻で、入り口にも入れないような状態。これはどういうことなのか。
 2010年2月11日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« SFCG元系列家賃保証会社が契約不履行で、「レオパレス21」から業務提携解消される | トップページ | 韓国曲配信で「第一興商」に賠償命令。他の民事訴訟、刑事告訴にも影響か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/47542192

この記事へのトラックバック一覧です: あの新宿歌舞伎町44名死亡火災ビル跡地利用「射的屋」オーナーの正体(続報):

« SFCG元系列家賃保証会社が契約不履行で、「レオパレス21」から業務提携解消される | トップページ | 韓国曲配信で「第一興商」に賠償命令。他の民事訴訟、刑事告訴にも影響か »