« <書籍紹介>『我思うゆえに我ありーー死刑囚・山地悠紀夫の二度の殺人』(小川善照。小学館) | トップページ | 「霞ヶ関失楽園」の女性キャリアは、大手マスコミ“ドン”の孫 »

2010.01.27

東京都江東区の住宅に拳銃6発発射事件の犯人

 昨年12月22日午前1時ごろ、東京都江東区東陽の会社員宅(2階建て)玄関ドアなどに、計6発の銃弾が撃ち込まれた事件をご記憶だろうか。銃刀法が厳しくなり、いまや拳銃発射は団体の行為として行われたものなら最高無期、軽くても懲役5年の重罪。そのため、このようなカチ込み行為が大幅に減っている中(最近、本紙が取り上げたカチコミ事件①はココをクリック、②はココをクリック)、6発という執拗さ。しかも、現場は地下鉄・東西線の「木場駅」から徒歩10分ほどの住宅街のなかの一般住宅だ。もっとも、この事件、TVではほとんど報じられなかった。現場に記者が出向いたものの、家の手前で、サングラスをかけたり、坊主頭の若者が取材クルーを取り囲むだけでなく、腕を引っ張るなどまでし、「取材だろう、帰れ帰れ!」と執拗に妨害し、肝心の映像を撮らせなかったためだ。いったい、何があったのか?
2010年1月27日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <書籍紹介>『我思うゆえに我ありーー死刑囚・山地悠紀夫の二度の殺人』(小川善照。小学館) | トップページ | 「霞ヶ関失楽園」の女性キャリアは、大手マスコミ“ドン”の孫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/47403984

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都江東区の住宅に拳銃6発発射事件の犯人:

« <書籍紹介>『我思うゆえに我ありーー死刑囚・山地悠紀夫の二度の殺人』(小川善照。小学館) | トップページ | 「霞ヶ関失楽園」の女性キャリアは、大手マスコミ“ドン”の孫 »