« 普天間移設の民意問う名護市長選、「容認」現職が逆転先行か | トップページ | 中央官庁に衝撃!? 26日発売『サンデー毎日』がスッパ抜いた、不倫官僚の奇っ怪な“同棲場所” »

2010.01.23

森喜朗元首相の長男が、県会議員になる直前まで専務を務めていた会社

押尾学事件に関連し、森喜朗・森祐喜親子の名前が取り立たされているのは本紙でも既報の通り。そんなわけで、本紙は森元首相の長男・祐喜氏に興味を持ち取材を進めたところ、興味深い事実が判明したので報告する。森祐喜氏は現在、石川県会議員(2期目。自民党)を務めているが、彼が県会議員になったのは2006年3月、41歳の時だった。同月、行われた補選(自民党公認。能美市能美郡選挙区)で当選してのことだ。そして1年で任期切れになるものの、再選され今日に至っている。森元首相の威光あっての当選であることはいうまでもないが、本紙でも既報のように、何しろ森元首相の秘書時代には余りに遊び過ぎ、薬疑惑や女性スキャンダルにも見舞われたことから、「実は森(元首相)もさすがに匙を投げ出した時期があった」(地元事情通)という。ちなみに、祐喜氏は95年10月ごろ結婚し、一女をもうけている。さて、森元首相が匙を投げ出した時期は02年から県議選に出る06年までの4年余りのことだという。では、この間、祐喜氏の面倒を誰が見ていたのか。それは森元首相の有力後援者であるパチンコ業者だった。
2010年1月23日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 普天間移設の民意問う名護市長選、「容認」現職が逆転先行か | トップページ | 中央官庁に衝撃!? 26日発売『サンデー毎日』がスッパ抜いた、不倫官僚の奇っ怪な“同棲場所” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/47372947

この記事へのトラックバック一覧です: 森喜朗元首相の長男が、県会議員になる直前まで専務を務めていた会社:

« 普天間移設の民意問う名護市長選、「容認」現職が逆転先行か | トップページ | 中央官庁に衝撃!? 26日発売『サンデー毎日』がスッパ抜いた、不倫官僚の奇っ怪な“同棲場所” »