« 投資顧問会社役員着服事件で、「ジェイ・ブリッジ」の名前が出る理由 | トップページ | <書籍紹介>『なぞかけで「脳活」!』(Wコロン。東邦出版) »

2010.01.16

ケアマネ試験出題ミスの背景に、厚労省天下り先の大甘体質

 昨年10月に各都道府県が実施したケアマネージャー(介護支援専門員)の国家試験に出題ミスがあったことを、この試験を毎年作成、実施している(財)「社会福祉振興・試験センター」(東京都渋谷区)が1月14日に公表。これを受け、新たに3500~3600名(受験者は約14万名で、合格者は約3万名だった)が追加合格する模様などと大手マスコミが小さく報じている。この報道に接する限り、たまたまのミスで、人間である以上、間違いもあるわけで、やむなしといわざるを得ないようにも思う。ところが、この財団、実はかなり以前から、出題ミスが何度も指摘され、受験者やその関係先から苦情や抗議が多々寄せられていたが、これまで一切聞き入れられなかったという。そのため、今回の追加合格の処置に対しては、民主党政権の誕生、あるいは、「派閥争いの結果では?」なんて見方も出ている。(冒頭左写真=小林功典元社会保険庁長官。解説は以下に)
2010年1月16日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 投資顧問会社役員着服事件で、「ジェイ・ブリッジ」の名前が出る理由 | トップページ | <書籍紹介>『なぞかけで「脳活」!』(Wコロン。東邦出版) »

コメント

突然のメールをお許し下さい。

私は平成24年保育士試験において、養護原理があと1問正解出来なかったために不合格となりました。
しかし、私が間違えた養護原理の問4は、問題文の記述がすでに廃止された通知からの引用となっており、
最新の通知に沿って答えをだそうとすると正答が導きだせません。明らかに出題者が新しい通知が出ている事を
知らなかったことによる出題ミスです。
その問題文は、厚生労働省の通知である、「雇児発第0428005号平成16年4月28日」発布の第5家庭支援専門
相談員の業務内容とぴったり同じ文言になっていて、正答はこの記述をすべて○としています。
しかし、「雇児発0405第11号平成24年4月5日」発布の新しい通知がでており、この通知からは家庭支援専門相談員の業務内容が里親専門相談員を配置したためにかわっています。しかも、この新しい通知の施行に伴い、以前の通知は廃止されているのです。
保育士試験の受験の手引きによると、筆記試験における法令等については、平成24年4月1日以前に施行されたもの
に基づいて出題します、と明記されています。
新しい通知は、平成24年4月1日から実施となっており、厚生労働省の家庭福祉課の方から、実施というのは施行と
同じです、と言われました。
問題文に何年何月何日の通知による、となければ最新の通知が優先されるのが当然であり、そうでなければ他の
問題との整合性がとれません。
以上の事を、私は、何度も何度も保育士養成協議会や厚生労働省の保育課の方々に訴えて来ましたが、保育士
養成協議会の方からは、お答え出来ません、の一点張りで、厚生労働省からは、保育士養成協議会に一任している、
と言って、一切聞き入れてもらえません。
市の弁護士の先生に相談に行きましたが、完全に出題ミスで、出題者が新しい通知が出たことを知らなかったのだろう
これは保育士試験そのものの信用性にかかわる問題だとおっしゃって下さったのですが、試験問題に関しては、
法律的に解決するのは難しいと言われ、もうなすすべがありません。
どうか、この事態をご理解の上、調査して下さいます様、お力をお貸し下さい。
よろしくお願いします。

投稿: けい | 2012.10.16 14:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/47311548

この記事へのトラックバック一覧です: ケアマネ試験出題ミスの背景に、厚労省天下り先の大甘体質:

« 投資顧問会社役員着服事件で、「ジェイ・ブリッジ」の名前が出る理由 | トップページ | <書籍紹介>『なぞかけで「脳活」!』(Wコロン。東邦出版) »