« 森喜朗元首相の長男が、県会議員になる直前まで専務を務めていた会社 | トップページ | これが石原慎太郎知事、東京五輪招致名目のコペンハーゲン“大名旅行”の明細 »

2010.01.24

中央官庁に衝撃!? 26日発売『サンデー毎日』がスッパ抜いた、不倫官僚の奇っ怪な“同棲場所”

 昨今、中央官庁キャリアだって別に不倫は珍しくないかも知れない。しかし、このケースは共に別の省庁のキャリア同士。東京なら明日25日、全国は26日発売の『サンデー毎日』が取り上げたのは、しかし、単なる不倫からではない。それでは公益性が乏しく、同誌が取り上げたのは、その2人が半年以上に渡って暮らしている“同棲場所”に公益性ありと見たためのようだ。通常、同棲し出したら、新しいマンションを借りるとか、一方の住まいに一方が押しかける(この場合、女性は独身だから可能)というのが相場だろう。だが、それでは公益性などあるはずもない。では、なぜ取り上げたのか? 「事実は小説より奇なり」の典型例で、漏れ伝わって来る情報によれば、
2010年1月24日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 森喜朗元首相の長男が、県会議員になる直前まで専務を務めていた会社 | トップページ | これが石原慎太郎知事、東京五輪招致名目のコペンハーゲン“大名旅行”の明細 »

コメント

初めまして。

不倫で検索して来ました。

最近、ホント不倫が多いです。

うちへの依頼の8割が不倫ですね。。

良いのか悪いのか。。

投稿: イーグルアイ探偵事務所北大阪支社 | 2010.01.26 18:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/47378282

この記事へのトラックバック一覧です: 中央官庁に衝撃!? 26日発売『サンデー毎日』がスッパ抜いた、不倫官僚の奇っ怪な“同棲場所”:

« 森喜朗元首相の長男が、県会議員になる直前まで専務を務めていた会社 | トップページ | これが石原慎太郎知事、東京五輪招致名目のコペンハーゲン“大名旅行”の明細 »