« 200億円の通帳持ち歩くーー投資詐欺疑惑の「アルトン・マネージメント」代表、不動産取引でも暗躍か? | トップページ | 森喜朗元首相と、押尾事件で亡くなったTさんとの写真の真贋 »

2009.12.09

リンゼイさん事件で、市橋達也被告が突き付けた2つの“規制”問題

  12月2日、英会話講師だった英国人女性、リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22)に対する殺人、強姦致死容疑で千葉県警に再逮捕された市橋達也被告(30。死体遺棄容疑で同日、起訴に)だが、彼の逃亡中の立ち入り先を巡り、2つの規制問題が持ち上がっている。一つは、大手マスコミ既報のように、ネットカフェの規制問題だ。市橋被告が逃亡中、福岡市内のネットカフェに宿泊していたことが契機となり、利用時、運転免許証や社員証などで本人確認、そのデータ保存を義務づけようというもの。以前から、ネットカフェに関しては、その匿名性を利用した犯罪の続発を受け規制論があった。警視庁は年明けにも改正条例案を提出する方針で、実現すれば来年4月にも全国初(罰則付)の実施となる。そうなれば、全国自治体で横並びの動きとなりそうだ。しかし、低料金で宿泊できるネットカフェ、同じくネット使い放題で宿泊可能なマンガ喫茶(改正条例はこちらも規制対象)を利用しているホームレスは多く、新たな難民問題を呼ぶ可能性大だ。
2009年12月9日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 200億円の通帳持ち歩くーー投資詐欺疑惑の「アルトン・マネージメント」代表、不動産取引でも暗躍か? | トップページ | 森喜朗元首相と、押尾事件で亡くなったTさんとの写真の真贋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/46980747

この記事へのトラックバック一覧です: リンゼイさん事件で、市橋達也被告が突き付けた2つの“規制”問題:

« 200億円の通帳持ち歩くーー投資詐欺疑惑の「アルトン・マネージメント」代表、不動産取引でも暗躍か? | トップページ | 森喜朗元首相と、押尾事件で亡くなったTさんとの写真の真贋 »