« 三菱地所詐取の元弁護士ーー佐竹修三容疑者とも交流があった「東理」福村康廣容疑者(ある代議士との関係も) | トップページ | 酒井法子の大学「広告塔」問題の背後に、大物フィクサーの影 »

2009.12.01

これが麻生太郎前政権疑惑の官房機密費2億5000万円「駆け込み支出」の内部資料

  11月20日、平野博文官房長官が04~09年度の官房機密費(内閣官房報償費)の支出記録を公表。結果、河村建夫前官房長官が、麻生太郎政権が歴史的大惨敗をした今年8月30日の衆院選投票日の2日後、2億5000万円もの機密費を引き出していた(平野氏によれば、引き継ぎを受けた際、官房機密費が納められている官邸金庫は空だったとのこと)ことが明らかにされた。引き出した際、すでに麻生首相がほどなく退陣することは確定していたのに、その時点で2億5000万円も何に!? 機密費は使途を明らかにする必要がなく、河村氏も「説明する立場にない」としてコメントを避けているが、我々の税金から出ている公金に違いなく、物議を醸しているのはご存じの通り。衆院選で苦戦が伝えられていた与党候補の選挙活動費の「後払い」に消費されたとの見方もある。本紙はその疑惑の2億5000万円引き出しの内部資料を入手したので、以下、転載しておく。
2009年12月1日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 三菱地所詐取の元弁護士ーー佐竹修三容疑者とも交流があった「東理」福村康廣容疑者(ある代議士との関係も) | トップページ | 酒井法子の大学「広告塔」問題の背後に、大物フィクサーの影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/46904153

この記事へのトラックバック一覧です: これが麻生太郎前政権疑惑の官房機密費2億5000万円「駆け込み支出」の内部資料:

« 三菱地所詐取の元弁護士ーー佐竹修三容疑者とも交流があった「東理」福村康廣容疑者(ある代議士との関係も) | トップページ | 酒井法子の大学「広告塔」問題の背後に、大物フィクサーの影 »