« 本紙指摘通り、「ユニオンホールディングス」巡る株価操縦事件で逮捕された河野博晶 | トップページ | <記事紹介>「ユニオンHD、東邦GA、東理HD 上場ボロ会社を利用した『増資マフィア』の壊滅」(伊藤博敏。『ZAITEN』) »

2009.12.04

<心声天語>(167)「携帯電話中毒」

一時、電車内で“漫画”を読む人が多かったが最近は、携帯電話を見る人が多くなってきた。メールの確認、ゲーム、占いなど、さまざまだ。車内だけではない。交差点で信号待ちしている時も、歩きながらも、使っている。まるで携帯電話中毒にかかっているようである◆今年の三月、NTTは小学生の携帯電話利用調査を行った。それによると、小学生の43・3%が自分の携帯を持っていると答えた。さらに、小学6年生では51・22%、中高生では91・4%だ。子どもから大人まで、携帯は今や、現代人にとってなくてはならない生活ツールになっている◆技術の進歩は、すごいものだ。掌に入るほどの小さな通信機器が“魔法” のような機能を発揮する。世界中に電話をかけられるのはもちろんのこと、メール、カメラ、映像の送信、通販…なにより、必要な情報を瞬時に入手できる。便利な道具だ◆携帯の登場で、斜陽化の道を辿っているものは少なくない。その代表的なものが、公衆電話だ。また犯罪にも多く使われる。「振り込め詐欺」は携帯がなかったら成り立たない。不倫・浮気相手との“連絡用”としても威力を発揮する。実際、離婚のきっかけが「夫の、妻の携帯をみた」ことで始まるケースが増えている◆携帯がなかった時代、遠くにいる家族や友人たちを懐かしみ、「今頃どうしているのかな」と思い浮かべた。今では携帯ですぐに、連絡を取り合える。しかし、携帯に溺れている現代人には、愛する人を思い浮かべる「情」がどんなに素晴らしいものか、わからないだろう。人間は、便利さを追い求めるあまり、それによって失われ、忘れ去られる「尊きもの」に気付かないのである。(和光)
2009年12月3日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 本紙指摘通り、「ユニオンホールディングス」巡る株価操縦事件で逮捕された河野博晶 | トップページ | <記事紹介>「ユニオンHD、東邦GA、東理HD 上場ボロ会社を利用した『増資マフィア』の壊滅」(伊藤博敏。『ZAITEN』) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/46930853

この記事へのトラックバック一覧です: <心声天語>(167)「携帯電話中毒」:

« 本紙指摘通り、「ユニオンホールディングス」巡る株価操縦事件で逮捕された河野博晶 | トップページ | <記事紹介>「ユニオンHD、東邦GA、東理HD 上場ボロ会社を利用した『増資マフィア』の壊滅」(伊藤博敏。『ZAITEN』) »