« 8800万円で、松濤の豪邸の所有権を取り戻していた大島健伸「SFCG」元会長 | トップページ | 東理ホールディングス・福村康廣会長逮捕を「日経」がスクープできた裏事情 »

2009.11.17

8800万円で、松濤の豪邸の所有権を取り戻していた大島健伸「SFCG」元会長(Ⅱ)ーー自宅抵当権にも異変

  今回の実質、大島健伸「SFCG」元会長の自宅(冒頭写真)買い戻しの確認のため、この東京都渋谷区松濤の不動産登記簿を取り直してみて、ある事実に気づいた。この豪邸に、昨年11月、大島ファミリー企業が、所有者の「ブルーバード」を債務者に100億円の根抵当権仮登記を設定した事実から、実質、架空債権設定による競売逃れではないかと本紙は指摘したが、今年7月時点で、さらに42億5000万円の同じく根抵当権仮登記がされていたのだ(届け出たのは今年9月。その謄本部分は以下に転載)。これはいったい、何を意味するのか? 100億円すでに付けているのだから、いまさら追加で付ける必要性はないとも思われるのだが……。
2009年11月17日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 8800万円で、松濤の豪邸の所有権を取り戻していた大島健伸「SFCG」元会長 | トップページ | 東理ホールディングス・福村康廣会長逮捕を「日経」がスクープできた裏事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/46788974

この記事へのトラックバック一覧です: 8800万円で、松濤の豪邸の所有権を取り戻していた大島健伸「SFCG」元会長(Ⅱ)ーー自宅抵当権にも異変:

« 8800万円で、松濤の豪邸の所有権を取り戻していた大島健伸「SFCG」元会長 | トップページ | 東理ホールディングス・福村康廣会長逮捕を「日経」がスクープできた裏事情 »