« 「ユニオンホールディングス」巡る株価操縦事件で名前が出る大物仕手筋 | トップページ | 「昭和ゴム」“乗っ取り”メンバーらに、仕手材料にされた「オートウェーブ」 »

2009.11.07

<書籍紹介>『インフルエンザワクチンは打たないで』(母里啓子。双葉社)

  著者の母里啓子氏は、国立公衆衛生院の疫学部感染症室長も務めたウイルスの専門家だ。その母里氏は、この10月から始まった新型インフルエンザワクチン接種に関し、「意味がない」どころか、「副作用のリスクを考えれば、打ってはいけない」という。その理由は、すべて本書に明確に書かれている。この本自体は季節性インフルエンザワクチンも含むが、新型もまったく同じだという。しかし、国は約1400億円もの予算を組み、7700万人分ものワクチンを確保するとしている。いくら何でも、予防に効果ないどころか、副作用のリスクさえ高いものを国税で仕入れ接種させるものか!? 人のいい読者が、俄に信じがたいのは無理ないかも知れないが、母里氏のそれに対する考えを要約するとこうなる。「わが国のワクチンメーカーを潤わせる、それに海外製薬会社に儲けさせるため。インフルザワクチンが効かないことは、ウイルスの専門家は皆、分かっている。だが、国に逆らえないから黙っているだけ。、マスコミもそれに加え、製薬会社の利権が入るから触れないどころか、逆に今回の新型インフルエンザは(季節性インフルエンザより)恐いというイメージを国民に植え付ける虚偽の記事を流しているんです」。本書自体は約2年前に出版され、すぐ在庫が無くなったが、今回の騒動で、つい最近、増刷され、いまなら手に入る。
2009年11月7日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「ユニオンホールディングス」巡る株価操縦事件で名前が出る大物仕手筋 | トップページ | 「昭和ゴム」“乗っ取り”メンバーらに、仕手材料にされた「オートウェーブ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/46701874

この記事へのトラックバック一覧です: <書籍紹介>『インフルエンザワクチンは打たないで』(母里啓子。双葉社):

« 「ユニオンホールディングス」巡る株価操縦事件で名前が出る大物仕手筋 | トップページ | 「昭和ゴム」“乗っ取り”メンバーらに、仕手材料にされた「オートウェーブ」 »