« 8800万円で、松濤の豪邸の所有権を取り戻していた大島健伸「SFCG」元会長(Ⅱ)ーー自宅抵当権にも異変 | トップページ | 「サッポロビール」社長、女性殴打事件で書類送検の真相 »

2009.11.18

東理ホールディングス・福村康廣会長逮捕を「日経」がスクープできた裏事情

 11月16日、警視庁組織犯罪対策4課が、東証2部上場「東理ホールディングス」の福村康廣会長を特別背任容疑で逮捕したのは、本紙でも既報の通りだが、この報道、異例のものだった。というのは、「日経」だけが15日、他紙に先駆けてこの週明けにも「会長を特別背任容疑で立件」と断言して報じたことで、各紙、15日の夕刊で、後追い記事を出し、その見立て通り福村会長は16日(月)に逮捕となり、各紙、同日夕刊で報じるという展開になったからだ。なぜ、「日経」はいち早く、逮捕情報を掴むことができたのか。
2009年11月18日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 8800万円で、松濤の豪邸の所有権を取り戻していた大島健伸「SFCG」元会長(Ⅱ)ーー自宅抵当権にも異変 | トップページ | 「サッポロビール」社長、女性殴打事件で書類送検の真相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/46795831

この記事へのトラックバック一覧です: 東理ホールディングス・福村康廣会長逮捕を「日経」がスクープできた裏事情:

« 8800万円で、松濤の豪邸の所有権を取り戻していた大島健伸「SFCG」元会長(Ⅱ)ーー自宅抵当権にも異変 | トップページ | 「サッポロビール」社長、女性殴打事件で書類送検の真相 »