« 書籍『福田君を殺して何になる』の出版禁止の仮処分、却下される | トップページ | 鬼頭和孝逮捕で、東京地検特捜部が解明を目指す中澤・鬼頭「脱税人脈」 »

2009.11.12

「選択出版」を脅した男の正体

「日経」だけが今日の夕刊で、会員制総合情報誌『選択』を出している「選択出版」の事務所に押し入り、同社の株券を示し、その買い取りを要求したとして、警視庁愛宕署が男(50)を脅迫と建造物侵入容疑で現行犯逮捕していたことがわかったとして報じている。男が押し入ったとされるのは、10月28日。もっとも、この記事だけ見ても、どうやって未公開の選択出版の株を手に入れたのか、また、なぜ買い取りなど要求し逮捕されるに至ったのかまったく不明だ。本紙が得た情報によれば、この背後には、また内紛があるようなのだ。「また」と書いたのは、選択出版から別れて、競合誌『FACTA』が約4年前に誕生。さらに1年半ほど前には、新たに選択を去った者が『集中』という、こちらは会員制医療情報誌を出すようになった。
2009年11月12日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 書籍『福田君を殺して何になる』の出版禁止の仮処分、却下される | トップページ | 鬼頭和孝逮捕で、東京地検特捜部が解明を目指す中澤・鬼頭「脱税人脈」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/46746643

この記事へのトラックバック一覧です: 「選択出版」を脅した男の正体:

« 書籍『福田君を殺して何になる』の出版禁止の仮処分、却下される | トップページ | 鬼頭和孝逮捕で、東京地検特捜部が解明を目指す中澤・鬼頭「脱税人脈」 »