« <心声天語>(160)ただいま「失業中」    | トップページ | 本紙既報通り、街宣禁止の仮処分で、本訴提起を条件に和解していた「INAX」 »

2009.11.11

旧「秀吉ビル」巡る、東京地検主ターゲットN組長の別件訴訟

 東京地検特捜部が10月6日、関係先を強制捜索したのは、東京・銀座の旧「秀吉ビル」の転売に関する脱税容疑で、指定暴力団・稲川会系のN組長を主ターゲットにしていると思われる。そのN組長、別件で提訴されているのだが、その訴訟で原告側より10月28日、「上申書」が提出され、そのなかでこの旧秀吉ビルの件に触れ、興味深い記述がされていることが判明したので報告する。その前に、この別件訴訟の概略を説明しておこう。この件でもN組長は巨額利益を得、やはり脱税しているというのだ。その訴状や関係者の証言などによれば、提訴されたのは昨年1月で、提訴先は千葉地裁木更津支部。原告は金融業を営むY社。訴外S社は、新宿区内のある土地を地上げすれば10億円以上の転売益が得られると考え、その地上げ資金8億円を2カ月後に約10億円返済する(月約15%という超高金利)としてN組長から借りた。
 2009年11月11日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ
の続き

|

« <心声天語>(160)ただいま「失業中」    | トップページ | 本紙既報通り、街宣禁止の仮処分で、本訴提起を条件に和解していた「INAX」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/46732336

この記事へのトラックバック一覧です: 旧「秀吉ビル」巡る、東京地検主ターゲットN組長の別件訴訟:

« <心声天語>(160)ただいま「失業中」    | トップページ | 本紙既報通り、街宣禁止の仮処分で、本訴提起を条件に和解していた「INAX」 »