« 「東理ホールディングス」福村康廣氏、18億円返納のウルトラC | トップページ | 上関原発反対運動―依然続く中国電力と反対派住民のにらみあい »

2009.10.07

東京地検特捜部が強制捜索ーー本紙指摘の正しさが証明された、あの銀座「暴力団関係者介入」ビル

 本紙が4年近くも前に第一報を報じ、暴力団関係者の関与を指摘していた東京・銀座のビルに関し、ついに東京地検特捜部のメスが入った。複数の関係者によれば、昨日、東京地検特捜部はこのビルの転売に関する脱税容疑で、複数の関係先を強制捜索したという。タイトルにある、「本紙指摘の正しさが証明された」とは、その強制捜索先が軒並み、(元)暴力団関係者先だった模様だからだ。その関係先として、本紙が具体的に名前が上がっていると把握できたのは3名。それは……。
2010年10月7日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「東理ホールディングス」福村康廣氏、18億円返納のウルトラC | トップページ | 上関原発反対運動―依然続く中国電力と反対派住民のにらみあい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/46418047

この記事へのトラックバック一覧です: 東京地検特捜部が強制捜索ーー本紙指摘の正しさが証明された、あの銀座「暴力団関係者介入」ビル:

« 「東理ホールディングス」福村康廣氏、18億円返納のウルトラC | トップページ | 上関原発反対運動―依然続く中国電力と反対派住民のにらみあい »