« 背後に利権、情報操作ーー新型インフルエンザにワクチンなんかいらない!! | トップページ | 被害急増中ーークレジットカード「セキュリティコード」情報漏洩にご注意 »

2009.10.11

販売方法を変更ーー宮城県から、今度は営業停止を食らっていた「エクシングワールド」

 本紙がいち早く取り上げ、注意を呼びかけている、仮想空間「セカンドライフ」の日本版を謳うマルチまがい(連鎖販売取引)企業「エクシングワールド」(開発・販売は「ビズインターナショナル」)が、9月3日から営業停止処分を受けていたことがわかったので、遅ればせながら報告しておく。この事実、一部テレビでも報じられたようだが、この件を全国版で報じた大手紙は「産経」ぐらいで、後は報じていても地方版のみ。高校生など未成年者への強引な勧誘トラブルがかなりあったのを重く見、宮城県は昨年10月には行政指導を、そして今年4月には社名公表をし、同社に改善を呼びかけていた。
 2009年10月11日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 背後に利権、情報操作ーー新型インフルエンザにワクチンなんかいらない!! | トップページ | 被害急増中ーークレジットカード「セキュリティコード」情報漏洩にご注意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/46459468

この記事へのトラックバック一覧です: 販売方法を変更ーー宮城県から、今度は営業停止を食らっていた「エクシングワールド」:

« 背後に利権、情報操作ーー新型インフルエンザにワクチンなんかいらない!! | トップページ | 被害急増中ーークレジットカード「セキュリティコード」情報漏洩にご注意 »