« 押尾事件のとばっちりを密かに恐れる「角川春樹事務所」 | トップページ | 「東京理科大学」改修校舎現場への発砲事件の背景 »

2009.10.27

「INAX」疑惑が、東証1部自動車部品メーカーにも飛び火

 指定暴力団・山口組関係者が代表を務める人材派遣会社と取引する(その代表逮捕後、取引を停止)など、東証1部「住生活グループ」が親会社の、衛生陶器やユニットバス製造・販売大手「INAX」に関する数々の疑惑ーー。前回記事でお伝えしたように、住生活グループは外部の弁護士に依頼し、この9月、疑惑が集中している「上野緑工場」などがある三重県伊賀市の現地調査を行ったが、まだ結論は出ていない模様で、この件は追って報告するつもりだが、このINAXの疑惑、ここに来て、別のわが国を代表する東証1部の自動車部品メーカーにも飛び火する動きを見せている。というのは、疑惑のなかには、INAX上野緑工場から出る産業廃棄物を、癒着が指摘されている現地企業(今回の現地での聞き取り調査の指定場所に、上野緑工場と共になっていた)が不法投棄していた件もあるのだが、その疑惑は、この自動車部品メーカーとの間にもあったからだ。
2009年10月27日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 押尾事件のとばっちりを密かに恐れる「角川春樹事務所」 | トップページ | 「東京理科大学」改修校舎現場への発砲事件の背景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/46600536

この記事へのトラックバック一覧です: 「INAX」疑惑が、東証1部自動車部品メーカーにも飛び火:

« 押尾事件のとばっちりを密かに恐れる「角川春樹事務所」 | トップページ | 「東京理科大学」改修校舎現場への発砲事件の背景 »