« 潰れた!? 「井上工業」のある利益供与関連案件 | トップページ | 販売方法を変更ーー宮城県から、今度は営業停止を食らっていた「エクシングワールド」 »

2009.10.11

背後に利権、情報操作ーー新型インフルエンザにワクチンなんかいらない!!

  以前から、本紙もワクチン(タミフルも)の必要性を疑問視する報道を行っているが、10月10日都内で、2人の専門家が同じ趣旨で講演を行ったので報告しておく。ここでまず注目しておきたいのは、大手マスコミはその声をちゃんと伝えないということで、この講演会は当初から一般ブロガーを対象に設けらた事実。講演したのは、元国立公衆衛生院疫学部感染症室長で医師の母里啓子氏と、大阪赤十字病院小児科医師の山本英彦氏(主催はワールド・ブロガー協会)。ワクチン接種は“利権”になっており、今回の豚由来の新型インフルエンザのワクチン接種についても、大手マスコミは国や製薬会社に配慮し、新型インフルを事実以上に危ないものと報道している傾向があるという。具体的にいうと、さすがに致死率は既存の季節性インフルエンザと変わらないことがハッキリして来ているが、一方で、脳症や肺炎になりやすく、特に小児や妊婦、高齢者はリスクが高いから最優先でワクチン接種すべきといわれるが、既存データを見る限り、そんなことはないという。「新聞報道などを見ますと、新型インフルが大流行し、次々と学級閉鎖になるなど、集団感染しているというが、通年の季節性インフルエンザの大流行時を上回るものではありません」(母里氏)「(新型は危ないと報道で教え込まれているから)新型に罹ったのでは、と高熱が出ただけで救急車で来られる方がけっこうおられ、他の重症患者さんの対処に支障が出ています」(山本氏)。そして、むしろワクチン接種による副作用の危険性を上げる。
 2009年10月11日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 潰れた!? 「井上工業」のある利益供与関連案件 | トップページ | 販売方法を変更ーー宮城県から、今度は営業停止を食らっていた「エクシングワールド」 »

コメント

緊急のお知らせです。失礼をお許しください。
2009/12月より子宮頚がん予防ワクチンが任意接種ができるようになりましたが、
世界各国で少女たちが接種による死亡や重篤な副作用にみまわれています。
アメリカでは昨年12月時点で44人が亡くなり。副作用が15000件発生しています。
日本のマスメディアや厚労省はそういったことは一切触れていません。
海外の良識ある研究者は、百害あって一利なしと報告しています。
当サイトではワクチンについて、海外のニュースや医師・研究者の情報を
収集しております。子供たちを守るために
一人でも多くの方にお伝えしたいのです。
是非、ご協力をお願いいたします。

http://www.life119.net/index.php 

投稿: 芹沢 | 2010.02.07 12:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/46457544

この記事へのトラックバック一覧です: 背後に利権、情報操作ーー新型インフルエンザにワクチンなんかいらない!!:

« 潰れた!? 「井上工業」のある利益供与関連案件 | トップページ | 販売方法を変更ーー宮城県から、今度は営業停止を食らっていた「エクシングワールド」 »