« <心声天語>(155)団塊の世代の自殺 | トップページ | 押尾事件で注目ーーあの「エイベックス」松浦社長側近系芸能プロ「ミューズコミュニケーション」に東京地検特捜部が強制捜索 »

2009.10.20

2匹目のドジョウはいなかった!? 惨敗の様相の「のりピー暴露本」

 酒井のり子の覚せい剤事件が浮上したのは8月4日。例年、8月は「夏枯れ」と言われ、マスコミはネタ捜しに四苦八苦していたが、今夏はこの「のりピー特需」で補うことが出来ただけでなく、近年例を見ない数字を各マスコミは上げた。酒井被告が出頭した8月8日土曜夜のTBS「ニュースキャスター」の視聴率は30%を超えた。スポーツ紙は1面をしばしば独占したし、週刊誌も軒並み売上げ部数を伸ばした。そんななか、2匹目のドジョウを狙って、10月に入ると、「のりピー暴露本」が続けて3冊緊急出版された。一番早かったのが10月3日の『碧いうさぎの涙』(晋遊舎)。著者は芸能記者やレポーターをやっていた人物。そして10月7日に出た『酒井法子 隠された素顔』(イースト・プレス)は、ご存知、芸能レポーターの大御所・梨元勝氏。最後、10月9日に出たのは、本紙でも紹介した『酒井法子 孤独なうさぎ』(双葉社。著者・渡邊裕ニ)。これまでの盛り上がり方からして、それなりに売れると思われたのだが、この出だしの数字が信じられないほど悪いのだ。
2009年10月19日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <心声天語>(155)団塊の世代の自殺 | トップページ | 押尾事件で注目ーーあの「エイベックス」松浦社長側近系芸能プロ「ミューズコミュニケーション」に東京地検特捜部が強制捜索 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/46532620

この記事へのトラックバック一覧です: 2匹目のドジョウはいなかった!? 惨敗の様相の「のりピー暴露本」:

« <心声天語>(155)団塊の世代の自殺 | トップページ | 押尾事件で注目ーーあの「エイベックス」松浦社長側近系芸能プロ「ミューズコミュニケーション」に東京地検特捜部が強制捜索 »