« 当局も注目する「酒井・押尾」相関図 | トップページ | 弁護団が出版禁止の仮処分!? 書籍『福田君を殺して何になる』は被告人の利益を害するのか? »

2009.10.03

名刺から代紋、組名消えるーーマフィア化する「山口組」

 9月始め、わが国最大の指定暴力団「山口組」の総本部は、代紋や組名を載せた名刺の使用を禁止する通達を出した。他の暴力団で、こんな通達を出したところは少なくともいまのところない。これと並行するかのように、警察庁は9月29日の全国捜査関係課長会議で、山口組の中核組織である「弘道会」(名古屋市)の徹底取締強化を決定したという。山口組トップの司忍六代目組長(収監中)と№2の高山清司若頭共、弘道会の出身であるのはご存じの通り。そして、この警察庁決定と並行して、全国銀行協会は、暴力団組員や関連会社など「反社」に対し、預金口座開設を拒否するように通知した。
2009年10月3日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ 

|

« 当局も注目する「酒井・押尾」相関図 | トップページ | 弁護団が出版禁止の仮処分!? 書籍『福田君を殺して何になる』は被告人の利益を害するのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/46385309

この記事へのトラックバック一覧です: 名刺から代紋、組名消えるーーマフィア化する「山口組」:

« 当局も注目する「酒井・押尾」相関図 | トップページ | 弁護団が出版禁止の仮処分!? 書籍『福田君を殺して何になる』は被告人の利益を害するのか? »