« <主張>パシコン・荒木民生元代表の一審無罪は、検察側の立証ミスでは | トップページ | <心声天語>(155)団塊の世代の自殺 »

2009.10.19

奇っ怪ーー「東理ホールディングス」が、一転、福村康廣前社長に18億円を返還へ

 本紙が9月25日に報じたように、東証2部「東理ホールディングス」は、05年1月に同社が実施した新株予約権発行(全て行使され、その調達額は80億8000万円)のコンサルティング費用として、福村康廣前社長に支払っていた17億6400万円の返還を9月10日に受けたことを明らかにした。その背景には、水面下で進んでいる当局の捜査との絡みがある模様で、「逮捕目前!」と報じる情報誌まである。いくら何でも、明日にも逮捕なんてことはないと思うのだが、このように緊張が高まる10月15日、東理ホールディングスは一転、受け取っていた17億6400万円をそっくり福村氏に返還することを明らかにした。いったい、これはどういうことなのか。
 2009年10月19日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <主張>パシコン・荒木民生元代表の一審無罪は、検察側の立証ミスでは | トップページ | <心声天語>(155)団塊の世代の自殺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/46528421

この記事へのトラックバック一覧です: 奇っ怪ーー「東理ホールディングス」が、一転、福村康廣前社長に18億円を返還へ:

« <主張>パシコン・荒木民生元代表の一審無罪は、検察側の立証ミスでは | トップページ | <心声天語>(155)団塊の世代の自殺 »