« 「第一興商」和田康孝前社長、降格の理由 | トップページ | ついに「住生活グループ」が「INAX」の疑惑について“現地調査”を開始 »

2009.09.22

<書籍紹介>「探偵稼業」(福田政史。幻冬舎ルネッサンス)

 2年半ほど前に紹介した書籍『現役探偵の調査ファイルーー七人の奇妙な依頼人』(双葉社)と同じ著者の第2作目。本紙・山岡の知り合いでもある、超ベテラン探偵が、これはという思い出深い依頼案件を、今回も七件振り返ってくれているノンフョクション・ノベル。一番印象に残ったのは、タイトル「父をたずねて」。一時、「自分捜し」(仕事場や家の近所で、依頼者自身の評判を聞く)なんて変な依頼が流行ったそうだが、その依頼の延長で、結婚を控えた女性が別れた父親捜しを頼んで来たという。ドラマでは、とんでもない大金持ちだったなんてハッピーエンドもあるが、現実がなかなそうはいかず……。
2009年9月22日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「第一興商」和田康孝前社長、降格の理由 | トップページ | ついに「住生活グループ」が「INAX」の疑惑について“現地調査”を開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/46280146

この記事へのトラックバック一覧です: <書籍紹介>「探偵稼業」(福田政史。幻冬舎ルネッサンス):

» 元彼と復縁できる唯一の方法 [あなた専用復縁マニュアル]
あなただけの成功法がわかる!驚愕の、復縁成功マニュアル。それぞれの個性に合わせた復縁の方法なので、その成功率は 驚異の98.3%です。 [続きを読む]

受信: 2009.09.23 08:56

« 「第一興商」和田康孝前社長、降格の理由 | トップページ | ついに「住生活グループ」が「INAX」の疑惑について“現地調査”を開始 »