« 「JRA新宿ウィンズビル」周辺地上げのその後 | トップページ | <記事紹介>「八王子3人射殺ーー死刑囚聴取続く」(「毎日」本日夕刊) »

2009.09.17

<心声天語>(150)「暴力」は知恵なき人間の業

米司法省が公開した報告書で、前政権下でテロ容疑者に行われた尋問が明るみに出た。00年のテロに関与した容疑者は、銃やドリルを突きつけられ、供述しなければ母親や家族を拘束すると脅された。さらに、隣の取調室で別の容疑者が処刑されたような“演技”までやっていた◆尋問や拷問の歴史は古く、その方法も「睡眠・排泄の制限」「爪を剥がす」など数多くあり、対象者が「死んでも言わない」との決心が強ければ強いほど、尋問・拷問もエスカレートしていく。中世の「魔女狩り」では、「針を刺して痛みを感じなかったら魔女」「水に沈めて浮かんできたら魔女」といったことが行われた◆“人権の国”の米においてさえ、尋問・拷問が行われている。だが、尋問・拷問は永遠になくならないだろう。「死んでも口を割らない」とする人間と「どんなことをしても白状させる」とする人間の、精神力と執念のぶつかりあいだからである◆二十数年前に観た映画である。マフィアのボスが逮捕された。しかし、このボスは頑なに口を閉ざしていた。ひとりの老刑事が「私が白状させる」と名乗り出た。看守に扮した老刑事は、ボスをトイレのない牢屋に入れ、来る日も来る日も食事に下剤を混ぜ、与えた。すると、一週間後に白状した◆ボスは、自分が下痢している姿を観て嘲笑う老刑事に、言い知れない屈辱感…人間としての“なさけなさ”を感じ、一日も早く解放されたいと思った。老刑事の知恵はすごいものだ。人間、痛みや恐怖には耐えられても、「自尊心」「屈辱感」“なさけなさ”といったことには、耐えられないものだ。そして、知恵のない人間ほど“暴力”で解決しようとするものである。(和光)
2009年9月17日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「JRA新宿ウィンズビル」周辺地上げのその後 | トップページ | <記事紹介>「八王子3人射殺ーー死刑囚聴取続く」(「毎日」本日夕刊) »

コメント

の野郎、ナメたこと書いてるとぶっころすぞ


山岡の外道にこの記事を書かせた大元は

おれに5年以上も、
日々下剤だの電気ショックだの拷問を仕掛け
長期間かけて殺しにかかり

14と27の家族まで暗殺し

わかってんだろうな
相手がたとえどこの政府でも、ヒネリツブスぞコラ

命を奪われ削られて
人は鬼にも悪魔にも通じるのだ

職業だけで悪魔になりきったおまえらとは違う

必ず、同等の対価をもらい受ける
報復

投稿: | 2009.09.20 02:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/46235963

この記事へのトラックバック一覧です: <心声天語>(150)「暴力」は知恵なき人間の業:

« 「JRA新宿ウィンズビル」周辺地上げのその後 | トップページ | <記事紹介>「八王子3人射殺ーー死刑囚聴取続く」(「毎日」本日夕刊) »