« 「ニセ100$札」、2000%に拡大しても時計台針の差、確認できず | トップページ | 戸籍が取れなくなった!?ーー酒井・押尾両事件報道を巡る思わぬ余波 »

2009.09.07

<心声天語>(147)「ヨイトマケの唄」

衆院選に“決着”をつけた民主党は、月2万6千円の子ども手当てを導入・高校無償化などの子育て支援を打ち出した。子ども1人に年間31万2千円が国から支給される。日本も金持ちになったものだ◆子どもを守り、育てるのが「親の義務・責任」である。これは、人間社会だけに限ったことではなく、自然界における「掟・秩序」である。それだけに、親は子を育てるための苦労はとことん、担わなければならない。ところが最近、子育てを疎かにする親が、増えてきた◆1965年、NET(現在のTV朝日)で「ヨイトマケの歌(歌・作詞・作曲:美輪明宏)」が発表され、大きな反響をよんだ。「ヨイトマケ」とは、建設現場で日雇い労働者たちが槌を上下させる時の掛け声であり、綱を引っ張るときの「ヨイっと巻け」が語源である。当時は、日雇い労働者のことを「土方/ヨイトマケ」と呼んでいた◆ヨイトマケの歌詞から一部、抜粋した。「♪ 今も聞こえるヨイトマケの唄 工事現場の昼休み たばこふかして目を閉じりゃ 聞こえてくるよ あの唄が 貧しい土方のあの唄が」、「♪男に混じってツナを引き 天に向かって声をあげ 力の限りに唄ってた 母ちゃんの働くとこを見た♪」。建設現場で働きながら子を育てた母親たち、そんな母親たちが「子育て支援金」のことを知ったら、どんな思いにかられるだろう◆子は親の背中を見て育つ。自分を育てるために工事現場で働く母親の姿に、母への感謝を心に焼き付ける。最近、子が親を殺す事件が多発しているが、これは、子どもの中に「親への感謝」が焼きついてないからだ。そう、「親の恩」とは、子ども中に刻まれた「親への感謝」なのである。(和光)
 2009年9月7日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「ニセ100$札」、2000%に拡大しても時計台針の差、確認できず | トップページ | 戸籍が取れなくなった!?ーー酒井・押尾両事件報道を巡る思わぬ余波 »

コメント

感謝されるレベルの親が、減ってるぜ

こればかりは、農村漁村永続型の昔の方が、軍配。

オレの親、両方、大卒の団塊
父:
自分の我が儘ばっかり、威張ってばっかり
学歴自慢しか誇れない

母:
ワイン飲んでばっかり、掃除洗濯しない、
文句いってばっかり

そういうガキ親が核家族やったら、
実家が残らなかったよ。

あれは三世代家族でも、どうにかだったな。
祖母がしばらく居た時は、神妙にして、珍しく家庭がうまくいってたし。

・知恵がついても、ガキはガキ
・個々の分断化は、あらゆるコミュニティを破壊し、劣化させた。

現代日本は、明らかにおかしい、空中分解してる。
それを無視して、豊かな社会を作ってきたが、
もうどんながんばってもこれ以上豊かにはならない。

無視してきた矛盾を、きちんと修正する時代。

ガキな親に振り回される子供の不幸
そういう親に育てられた子供のさらなるガキ×ガキぶり、の不幸

投稿: Name:(必須) | 2009.09.08 19:31

子育てに苦労している現代の親を無視し、過去を美化したくだらない記事です。そもそも児童虐待や子が親を殺す事件は現代より過去のほうがはるかに多いです。そのような事実関係すら把握できていないこのような記事を書く人間の見識を疑います。

投稿: おいどん | 2009.09.07 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/46147110

この記事へのトラックバック一覧です: <心声天語>(147)「ヨイトマケの唄」:

« 「ニセ100$札」、2000%に拡大しても時計台針の差、確認できず | トップページ | 戸籍が取れなくなった!?ーー酒井・押尾両事件報道を巡る思わぬ余波 »