« 証券取引等監視委員会に出されていた「INAX」(住生活グループ企業)に関する告発状 | トップページ | 押尾・酒井両事件人脈にも繋がっていた、本紙既報の投資ファンド詐欺疑惑会社JPB人脈 »

2009.09.02

「フージャースコーポレーション」が住民側と“和解”の模様

 東証1部の建設会社「フージャースコーポレーション」といえば、本紙では、千葉県船橋市内で建設していたマンションを巡って、地元住民と訴訟になっていた件を取り上げている。住民とトラブルになるケースは昨今、珍しいことではない。だが、通常、誠意を尽くして説明するところ、フージャースの場合、“恫喝”訴訟といってもいい内容の損害賠償請求訴訟を起こしたところが特異だったので取り上げた。とても東証1部の高い社会的責任が求められる企業のやり口とは思えなかったからだ。おまけに、今年2月になって、現場工事が完成に近づくや、今度は、現地見学に来る購入検討者に対する営業妨害を行ったとして500万円の追加訴訟まで提起していたのだ。ところが……。
2009年9月2日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 証券取引等監視委員会に出されていた「INAX」(住生活グループ企業)に関する告発状 | トップページ | 押尾・酒井両事件人脈にも繋がっていた、本紙既報の投資ファンド詐欺疑惑会社JPB人脈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/46099365

この記事へのトラックバック一覧です: 「フージャースコーポレーション」が住民側と“和解”の模様:

« 証券取引等監視委員会に出されていた「INAX」(住生活グループ企業)に関する告発状 | トップページ | 押尾・酒井両事件人脈にも繋がっていた、本紙既報の投資ファンド詐欺疑惑会社JPB人脈 »