« 「フージャースコーポレーション」が住民側と“和解”の模様 | トップページ | <心声天語>(146)「児童買春」 »

2009.09.03

押尾・酒井両事件人脈にも繋がっていた、本紙既報の投資ファンド詐欺疑惑会社JPB人脈

JPB(「日本プライベートバンキングコンサルタンツ」)といえば、本紙で追及しているように、金持ちの資産運用を謳った私的銀行ながら、運用が失敗して投資資金が焦げ付いたというのは嘘で、本当は最初からそれを名目に騙し取るつもりだったのではないかとの疑惑も出ており、代表だった磯辺裕樹元代表はいまも出資者から民事訴訟を提起されるなど追及を受けている(被害者は告訴したが、なぜか事件化せず)。もっとも、裁判所から支払い命令が出ても、資産はないとしてそれに従わない状況だ。また、このJPBの元副社長で、JPBのグループ会社といってもいい「GPJ」(破たん)の代表だった秦右時は詐欺罪ですでに逮捕されている(俳優の渡辺裕之も約1億円の被害)。こんなJPB人脈と、今回の酒井法子・高相祐一両被告、さらに押尾学被告(覚せい剤取締法違反)の人脈とも、極めて重要なところで接点があることがわかったので、以下、報告する。
2009年9月3日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「フージャースコーポレーション」が住民側と“和解”の模様 | トップページ | <心声天語>(146)「児童買春」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/46111702

この記事へのトラックバック一覧です: 押尾・酒井両事件人脈にも繋がっていた、本紙既報の投資ファンド詐欺疑惑会社JPB人脈:

« 「フージャースコーポレーション」が住民側と“和解”の模様 | トップページ | <心声天語>(146)「児童買春」 »