« 先物会社「コムテックス」の実態を暴いた書籍出る | トップページ | 不可解な事実もーーあの鮎川純太氏が上場企業「アルファ・トレンド」の取締役会長に »

2009.09.29

押尾学被告、やはり“再捜査”と、浮上するMDMA以外の薬物説

 本紙は9月19日、同日発売のスポーツ新聞「サンスポ」が一面すべて使い、保護責任者遺棄罪などでも捜査を行っていると報じたことを紹介しているが 、やはりこれは事実であるようだ。9月27日発売の『サンデー毎日』コラムでも、警視庁捜査一課が「必ず再逮捕する」と断言しているとする、亡くなったTさんの関係者のコメントなどを紹介している。そんな折、本紙は生前、Tさんと付き合いがあった某組関係者の証言を得ることが出来た。仮にA氏としておくが、そのA氏は薬物に仕事柄からも精通しているようだ。そして、当局が発表した、Tさんの体内から「MDMA」(通称・エクスタシー)成分が検出されたとの件自体、疑問に思わないわけにいかないというのだ。いったい、どういうことなのか。
2009年9月29日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ 

|

« 先物会社「コムテックス」の実態を暴いた書籍出る | トップページ | 不可解な事実もーーあの鮎川純太氏が上場企業「アルファ・トレンド」の取締役会長に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/46341541

この記事へのトラックバック一覧です: 押尾学被告、やはり“再捜査”と、浮上するMDMA以外の薬物説:

« 先物会社「コムテックス」の実態を暴いた書籍出る | トップページ | 不可解な事実もーーあの鮎川純太氏が上場企業「アルファ・トレンド」の取締役会長に »