« 「イー・キャッシュ」が頼みにする!? 玉木雄一郎代議士 | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第69回 押尾学“ホステス殺人”の闇①」 »

2009.09.12

朝鮮総連ビル売却先候補にもなっていた、大手ドラッグストア「富士薬品」の不動産投資

本紙既報のように、あの元公安調査庁トップの詐欺事件に発展した舞台=「朝鮮総連本部ビル」の有力売却先として名前が挙がっていた大手ドラッグストアとは、「富士薬品」を指す。同社は上場こそしていないが、伝統の配置薬ビジネスでは1位。また、ドラッグストアでも「セイムス」名で一大チェーン店の一角を占め、年間売上高は軽く1000億円を超えている。この富士薬品の本社ビルや研究所、富山県の工場などに、東証1部、中堅ゼネコンの「西松建設」が仮差押したのは昨年11月のことだった。もっとも、10日後には取り消されているのだが…。(以下にその謄本掲載)とはいえ、本社社屋などが差押られるという“異常事態”になったのは、冒頭の朝鮮総連本部ビルもそうだが、富士薬品は本業が好調で一時はキャッシュ・フローが300億円以上あったことから、創業者で前社長の高柳貞夫氏が不動産投資にのめり込んだためと見られる。
2009年9月11日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「イー・キャッシュ」が頼みにする!? 玉木雄一郎代議士 | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第69回 押尾学“ホステス殺人”の闇①」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/46185934

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮総連ビル売却先候補にもなっていた、大手ドラッグストア「富士薬品」の不動産投資:

« 「イー・キャッシュ」が頼みにする!? 玉木雄一郎代議士 | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第69回 押尾学“ホステス殺人”の闇①」 »