« <書籍紹介>『逆境力ーー成功に導く67の発想』(森田健作。双葉社) | トップページ | <心声天語>(138)「トップとリーダー」 »

2009.08.02

<主張>マイケルのソウル公演

 世界的スーパースター・マイケル・ジャクソン(享年50)が亡くなって早くも1カ月以上経つが、本紙の元に、韓国・ソウル公演時の映像が送られてきた。99年6月25日、マイケルはソウル市内のオリンピック公園(約2万7000名収容)で、貧困や餓死にさらされた子どもたちを支援するためのチャリティー公演を行った。朝鮮戦争勃発49周年の記念日に併せて、この日に開催。その2日後、独ミュンヘンでも公演した。舞台の大型スクリーンには、戦争の悲劇や自然破壊伝える映像が流された。また、マイケルが兵士に扮して子どもに銃を向けるが、女の子に花を渡され、銃を下ろすといった、平和を訴える演出もあった。映像の送り主は、マイケルはこうした無料公演を度々行い、また彼の人徳から多くの大物ミュージシャンも無料参加しており、こうした「功」の部分もちゃんと伝えてくれと訴えた。「今世紀(20)最後のビッグイベント」といわれたこの公演は、韓国のテレビ局SBSが生中継し、最高視聴率42%を記録した。
2009年8月2日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <書籍紹介>『逆境力ーー成功に導く67の発想』(森田健作。双葉社) | トップページ | <心声天語>(138)「トップとリーダー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45817946

この記事へのトラックバック一覧です: <主張>マイケルのソウル公演:

« <書籍紹介>『逆境力ーー成功に導く67の発想』(森田健作。双葉社) | トップページ | <心声天語>(138)「トップとリーダー」 »