« なぜ、出向いての逮捕でないのかーー酒井法子“出頭”。異例の配慮の裏に何があるのか? | トップページ | <お知らせ>「記者山岡取材メモ」25回=「悪徳弁護士・公認会計士、八王子スーパー3名射殺事件など」 »

2009.08.09

<書籍紹介>『「さらば、暴政」自民党政権ー負の系譜』(藤原肇。清流出版)

 2000年5月に小渕首相が急死して以降、森→小泉→安倍→福田→麻生と、国民の意思とは何ら関係なく、わが国リーダーが自民党内で、世襲代議士を中心にたらい回しされたのは周知の通り。その失政による亡国現象の段階は、それまで4段階中の2の「愚行」だったところ、この間に、3の「覇権欲」も飛び越し、いまや最悪の「暴政」段階にまで突入していると筆者は分析する。そして、戦前の「大学は出たけど」「農家の娘売り」の現代版、「ニート」や「フリーター」が蔓延のなか、放浪の自由に続き、あの時代同様、軍隊に収容される時代が来ようとしていると警鐘を鳴らす。この間、小泉や安倍といった個別かつ部分的な政治状況を批判する本は数あれど、本書のように、今日の政治状況を、わが国、まして世界的な歴史(戦前のファシズム台頭時など)との類似性を比較し、論評するものは皆無と言っていい。フランスで理学博士号を取り、その後、世界を動かす「石油」の仕事に米国において長く関わり、40代初めにして、世界の動向に危機感を抱き、以降、国際コメンテーターとして活動している藤原肇氏(71。米国資本主義の崩壊を見届けて以降は、台湾在住)だからこそできる仕事だろう。
2009年8月9日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« なぜ、出向いての逮捕でないのかーー酒井法子“出頭”。異例の配慮の裏に何があるのか? | トップページ | <お知らせ>「記者山岡取材メモ」25回=「悪徳弁護士・公認会計士、八王子スーパー3名射殺事件など」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45879567

この記事へのトラックバック一覧です: <書籍紹介>『「さらば、暴政」自民党政権ー負の系譜』(藤原肇。清流出版):

« なぜ、出向いての逮捕でないのかーー酒井法子“出頭”。異例の配慮の裏に何があるのか? | トップページ | <お知らせ>「記者山岡取材メモ」25回=「悪徳弁護士・公認会計士、八王子スーパー3名射殺事件など」 »