« 押尾学の事件で浮上した、警察を繋ぐもう一人のキーマンの正体 | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第68回 大スターは早死にする! マイケルと石原裕次郎との共通点」 »

2009.08.20

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(236)東京電力川崎火力発電所解体工事巡る闇

 一部関係者の間で、東証1部「東京電力」(東京都千代田区)の川崎火力発電所の解体工事の利権を巡って話題になっている。川崎火力発電所(1~6号機)は1961年に運転を開始したが、以来、約半世紀を経て設備の老朽化、それに効率のいい最新設備に替えるべく、07年6月末以降、順次、旧設備の撤去、新設備建設が行われており、すでに旧設備はすべて撤去されている。関係者によれば、その総解体費用は160億円。東京電力は東証1部「清水建設」(東京都港区)にその仕事を投げ、清水建設はそれを下請けに回したが、その取り分や采配に不可解な事実が多々あるというのだ。
 2009年8月20日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 押尾学の事件で浮上した、警察を繋ぐもう一人のキーマンの正体 | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第68回 大スターは早死にする! マイケルと石原裕次郎との共通点」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45981203

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(236)東京電力川崎火力発電所解体工事巡る闇:

« 押尾学の事件で浮上した、警察を繋ぐもう一人のキーマンの正体 | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第68回 大スターは早死にする! マイケルと石原裕次郎との共通点」 »