« <心声天語>(138)「トップとリーダー」 | トップページ | 「SFCG」が“資産隠し”する上でのキーマン的会社を発見 »

2009.08.03

「告発文書」も登場ーー朝鮮総連ビル詐欺事件に登場する大手ドラッグストアの闇

 7月16日、朝鮮総連本部ビルの売却話に乗じて、総連から4億8400万円を騙し取ったとして、東京地裁は、元公安調査庁長官の緒方重威被告に対し懲役2年10月、執行猶予5年の有罪判決を言い渡した(検察側は執行猶予判決は不服として控訴)のはご存じの通り。この事件が注目されるのは、本来、朝鮮総連を取り締まるべき検察トップが、総連側に“加担”していた特異性もそうだが、もう一つ、何とも不可解なのは、この事件の本質は当初、整理回収機構(RCC)の債権回収を妨害する「競売執行妨害」との見方が有力だったのだが、その見方が採用されず、緒方被告などは詐欺罪に問われ、総連側は何らお咎めなしどころか、被害者扱い(ただし、総連側は金銭被害を受けながらも、被害は無かったと主張)されたことだった。そして、緒方被告側も少なくとも有力な第3者の立場の買い手企業候補はあったとして、詐欺ではないと主張したものの、それは認められなかった。実は本当に有力候補は存在し、それは大手ドラッグストア経営会社だったとして、今年6月、「告発文書」が出ていた。告発の契機になったのは、その会社の元専務が5月下旬、自殺を遂げたことだという。
2009年8月3日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <心声天語>(138)「トップとリーダー」 | トップページ | 「SFCG」が“資産隠し”する上でのキーマン的会社を発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45828892

この記事へのトラックバック一覧です: 「告発文書」も登場ーー朝鮮総連ビル詐欺事件に登場する大手ドラッグストアの闇:

« <心声天語>(138)「トップとリーダー」 | トップページ | 「SFCG」が“資産隠し”する上でのキーマン的会社を発見 »