« 押尾学の事件で浮上する、警察を繋ぐ2人のキーマン(上場企業社長も)の正体 | トップページ | <連載>着々と武器輸出、海外派兵の地ならしを進める「死の商人」たちーー第2回「ポスト秋山=防衛利権フィクサーの背後に三菱重工業」 »

2009.08.16

<ミニ情報>河村建夫官房長官に関する「紙爆弾」

 最近、永田町界隈に以下の「紙爆弾」が出回っている。河村建夫氏(66。山口3区。伊吹派。当選6回)といえば、麻生内閣では官房長官、拉致問題担当大臣も担当したが、本紙は就任時、「身体検査」は大丈夫かと報じたことがある御仁だ。8月30日投票の衆議院選挙では、自民党に大逆風のなか、しかし、河村氏の当選は確実と見られている(民主党の対抗馬は会社社長の三浦昇氏=39)が、本当に大丈夫なのか。選挙となれば、「紙爆弾」が飛び交い、その多くは誹謗中傷に終始し、内容も真実とほど遠いものも多い。ただし、この文書、ただそれだけのものではないと思われるので、以下、参考までに転載しておく。
  2009年8月16日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 押尾学の事件で浮上する、警察を繋ぐ2人のキーマン(上場企業社長も)の正体 | トップページ | <連載>着々と武器輸出、海外派兵の地ならしを進める「死の商人」たちーー第2回「ポスト秋山=防衛利権フィクサーの背後に三菱重工業」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45943194

この記事へのトラックバック一覧です: <ミニ情報>河村建夫官房長官に関する「紙爆弾」:

« 押尾学の事件で浮上する、警察を繋ぐ2人のキーマン(上場企業社長も)の正体 | トップページ | <連載>着々と武器輸出、海外派兵の地ならしを進める「死の商人」たちーー第2回「ポスト秋山=防衛利権フィクサーの背後に三菱重工業」 »