« 押尾学“隠れ部屋”変死女性と、八王子スーパー3名射殺事件を結ぶ「男」 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(236)東京電力川崎火力発電所解体工事巡る闇 »

2009.08.20

押尾学の事件で浮上した、警察を繋ぐもう一人のキーマンの正体

 本紙は8月15日、『週刊現代』(8月22・29合併号)が取り上げた、名前を伏せられた2名のキーマン(『週刊現代』記事中のチャート図のY氏、A氏)の正体をスッパ抜いた。だが、その時点では、もう一人、実名を伏せられていた「I」氏は誰か不明だったのだが、その後の取材で判明したので、以下、報告する。実はこの人物こそがもっとも大物で、「政財界フィクサー」と呼ばれていたこともあった。
 2009年8月20日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 押尾学“隠れ部屋”変死女性と、八王子スーパー3名射殺事件を結ぶ「男」 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(236)東京電力川崎火力発電所解体工事巡る闇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45976776

この記事へのトラックバック一覧です: 押尾学の事件で浮上した、警察を繋ぐもう一人のキーマンの正体:

« 押尾学“隠れ部屋”変死女性と、八王子スーパー3名射殺事件を結ぶ「男」 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(236)東京電力川崎火力発電所解体工事巡る闇 »